情報セキュリティスペシャリスト過去問題

 情報システムの設計において,フェールソフトが講じられているのはどれか。

 ア UPS 装置を設置することで,停電時に手順どおりにシステムを停止できる
  ようにし,データを保全する。

 イ 制御プログラムの障害時に,システムの暴走を避け,安全に運転を停止で
  きるようにする。

 ウ ハードウェアの障害時に,パフォーマンスは低下するが,構成を縮小して
  運転を続けられるようにする。

 エ 利用者の誤操作や誤入力を未然に防ぐことで,システムの誤動作を防止で
  きるようにする。


『ネットワーク分野が苦手な方へ』

初級ネットワーク講座」は毎週1回、メールで配信される無料講座です。
1.ネットワークの基礎解説」と「2.基礎解説の復習を兼ねた問題
 という構成です。

1.ネットワークの基礎解説」では、多くのイラストが使用され、初心者でも
 理解しやすい文章で丁寧に解説されています。

2.基礎解説の復習を兼ねた問題」では、情報処理技術者試験などの実際
 の資格試験の問題と分かりやすい解説が記されています。

 無料で勉強できるのに、登録しないのは勿体無いですよ。
 勉強は、コツコツが本当に大事なので、今すぐ申し込んで、
 勉強できる環境を作ってしまうのが重要です

       (もっと詳しく見る)初級ネットワーク講座


 ウ ハードウェアの障害時に,パフォーマンスは低下するが,構成を縮小して
  運転を続けられるようにする。

> フェールソフト
> あらかじめ冗長化し、故障部分を切り離し、運用を継続
>
> フェールセーフ
> 安全性を重視し、自動的にシャットダウン
>
> http://oshiete.goo.ne.jp/qa/982909.html

 どうもありがとうございます。

> ア、機器の損壊(ハードディスクの故障、データ損失など)
>   を回避する為の対策(?)
> イ、フェールセーフ
> ウ、フェールソフト
> エ、フールプルーフ
>
> アは、なんていうんでしょうか?

 どうもありがとうございます。
 アは,フェールセーフの一つですが,特別な名前がついているかも。

>  フェイルソフトとは、システムの一部に障害が発生した際に、故障した個所を
> 破棄、切り離すなどして障害の影響が他所に及ぼされるのを防ぎ、最低限のシス
> テムの稼動を続けるための技術。
>  ハードディスクを複数個備え、内容を常にミラーリングしているRAIDシステム
> や、電源やネットワークカードのコントローラを複数個備えているリダンダント
> 電源やリダンダントネットワークカードなどでは、運用中に一ヶ所に障害が生じ
> ても、残された系統で運用を続けることができ、直ちにシステムが停止しないよ
> うになっている。
>  このように、システムの要所に複数系統を用意した冗長化を行ない、さらに故
> 障の自動的な検知、故障に対する対処の自動化を盛り込んだシステムをフェイル
> ソフトと呼ぶ。
> http://ameblo.jp/rb26/entry-10512323289.html

 どうもありがとうございます。


▽ 午後2試験の対策方法

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

情報セキュリティスペシャリスト参考書

ベンダー試験 格安受験チケット



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。